CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
| main | 新幹線ブログパーツ設置完了! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
栗の湯さん、廃業
きむきむのうーろん日記_ブログランキングバナー  ← ぜひ投票してくださいぴかぴか

昨日、いつも通っている大岡山の散髪屋さんに
行ってきました。

そこで散髪屋さんのご主人と、
最近の商店街の様子についてお話している中で、
栗の湯さんの廃業を知りました。

髪の毛がさっぱりした後で栗の湯さんがあった
場所を訪ねてみたところ、
看板が外された入口が目に入り、
廃業されたことが改めて実感されました。

きむきむのうーろん日記_栗の湯

ここの銭湯には何度か行ったことがあります。
入口を抜けると小さなシャンプーなどが陳列してある
カウンタがあって、そこでお金を払って
男湯と女湯に分かれる仕組みになっていました。

湯温はかなり熱めで「肌を噛む」とはこのことかと、
入るたびに感じておりました。
私はここの常連ではないので
湯が熱くても水でうすめることはしませんでしたが、
常連と思われるおじいさんですら
水でうすめている場面を何度か目にしたことがあります。

ただ、この湯の熱さが
「かなり熱いっすよねぇ〜」
などと地元の方と湯船の中でお話をするタネとなることも
何度かありましたので、
ぬるめ好きの私にとっても捨てたものではありませんでした。


私が学生時代を過ごした大岡山・北千束から
街のシンボルともいえる銭湯が
ひとつ消えてしまいました。
話に聞けば、後継者問題や
それに追い討ちをかけるような原油高が、
銭湯の廃業に拍車をかけているようです。

そして、散髪屋さんのご主人が
こうこぼしていました。
「10年後に銭湯が都内にいくつ残ることか。
散髪屋だって同じだよ。」


栗の湯(大田区44番)
東京都大田区北千束1丁目59−3


きむきむのうーろん日記_ブログランキングバナー  ← ぜひ投票してくださいぴかぴか

JUGEMテーマ:お風呂


| 東京銭湯・廃湯/廃業 | 12:29 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 12:29 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kimkim-oolong.jugem.jp/trackback/309
トラックバック