CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
日の出湯(台東36番)
JUGEMテーマ:お風呂

 きむきむのうーろん日記_ブログランキングバナー  ← ぜひ投票してくださいぴかぴか 

本日は、台東区の日の出湯に行ってきました。

お仏壇屋さんが並ぶ元浅草の浅草通りから一本裏の通りに、
日の出湯さんがあります。

きむきむのうーろん日記_日の出湯1

正面から見ると、ずいぶんモダンな店構えです。
この写真からは見えませんが、
右手にはコインランドリーが併設されています。

きむきむのうーろん日記_日の出湯2

「ひのき風呂」「」露天風呂」と書いてあります。
こりゃ、期待が膨らみます。

きむきむのうーろん日記_日の出湯3

ここは、入浴券を券売機で買ってフロントで渡す方式です。
ヒゲのご主人が愛想よく迎えてくれました。

本日は、男湯が2階、女湯が1階となっていますが、
どうも定期的に男湯と女湯が入れ替わるようです。

階段を上がると引き戸があって、
その先が明るくて新しい脱衣場となっています。
そして、浴室は計14面の洗い場が両端にあり、
その中央にひのき風呂とジェット風呂の浴槽が配置されています。
そして、仕切りの向こうには、
岩風呂風に仕立ててある露天風呂(風)の浴槽があります。
ただし、外が見えるわけではなく、
あくまでも露天風呂気分が味わえる趣向のものです。

お湯はひのき風呂とジェット風呂がやや熱め。
露天風呂は少しぬるめで、長く湯に浸かっている方も
みられました。

ちなみに、16時40分の時点で先客は3名、
その後も客足は伸びず、最後は貸し切りとなってしまいました。
なかなかいい銭湯だとおもうのですが。

最後に休憩所のロビーでコーヒー牛乳をグビリ。
皆さんも、下町のモダンな銭湯で一息つかれてみては
いかがでしょうか。

<日の出湯データ>
 台東36番
 台東区元浅草2丁目10−5
 15時〜24時15分
 水曜定休




 きむきむのうーろん日記_ブログランキングバナー  ← ぜひ投票してくださいぴかぴか 

| 東京銭湯・台東区 | 21:42 | comments(35) | trackbacks(0) | -
朝日湯(品川35番)
JUGEMテーマ:お風呂
 
 きむきむのうーろん日記_ブログランキングバナー  ← ぜひ投票してくださいぴかぴか

本日は品川区の朝日湯さんに行ってきました。

JR京浜東北線・東急大井町線・りんかい線が接続する
ターミナル・大井町駅から、
昔ながらの駅前通りを歩くこと約3分の場所に
朝日湯さんはあります。

きむきむのうーろん日記_朝日湯3

側面には落書きが。

きむきむのうーろん日記_朝日湯2

正面は、古き良き銭湯といった感じです。

お金は番台で支払う方式です。
脱衣場は天井が高く、木の温もりが感じられます。

ただ、テーブルにはマッチと灰皿
「健康増進法」の関係で都内の銭湯は禁煙になったと
思っていたのですが、
全面禁煙というわけではないのでしょうか。
タバコがお嫌いな方は、ご留意ください。

脱衣場と浴室とはガラスで仕切られていて、
広々とした感じがします。

到着したのは16時45分頃でしたが、
浴室には10名ほどの方がいらして
かなり混雑していました。

洗い場は30面。
浴槽は浅めのジェット風呂と深めの浴槽との2種です。
壁には富士山がそびえていました。

その後も客足が途絶えることなく、
常に浴室は混み合っていました。
常連さんのお邪魔をしてはいけないので、
こういうときは早めに退却するのが「きむきむ流」です。

というわけで、まだ明るい大井町から足早に
家路につきました。

きむきむのうーろん日記_朝日湯1

<朝日湯データ>
 品川35番
 品川区東大井5丁目4−19

 14時〜23時
 月曜定休



 きむきむのうーろん日記_ブログランキングバナー  ← ぜひ投票してくださいぴかぴか

ジェネオン エンタテインメント
¥ 1,313
(2006-10-25)

| 東京銭湯・品川区 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | -
宝来泉(目黒20番)
JUGEMテーマ:お風呂
 
 きむきむのうーろん日記_ブログランキングバナー  ← ぜひ投票してくださいぴかぴか

本日は品川区の目黒20番・宝来泉さんに行ってきました。

東急目黒線・洗足駅前から閑静な住宅街を抜けて
徒歩で15分くらいのところに、宝来泉さんはあります。

きむきむのうーろん日記_宝来泉1

きむきむのうーろん日記_宝来泉2

何種類の湯があるようです。

きむきむのうーろん日記_宝来泉3

いわゆる、ビル銭湯ですね。

履物を脱いでフロントに入るとカウンタがあり、
お金を払おうとすると、
「券売機で券を買ってください。」
とのこと。
あ、この方式は実は初めてかも。

券をカウンタのお兄さんに渡して、手続き完了です。
なぜか、カウンタにはiMacが。
お兄さん、一生懸命いじっていました。

脱衣場は、なんとも味気ないビル銭湯風。
天井に設置してある二台の扇風機が気持ち良いです。

浴室は26面の洗い場と、シャワーが2ブースが設置されています。
浴槽は大きく分けて2種であり、片方が薬湯の電気風呂、
もう片方が通常の湯で、その一部がジェットバスの寝風呂となっています。

壁画はナシの白タイル。
そして、全体的に殺風景でした。
なんだか、映画で見た刑務所の風呂のような…。

追加料金なしで入れるミストサウナもあったようですが、
スルーしてしまいました。

風呂から出て休憩場で一服することもなく、外へ。
帰りは別の出口から出てみました。

きむきむのうーろん日記_宝来泉4

内部の様子から、昭和50年くらいの建物と思いきや…。

きむきむのうーろん日記_宝来泉5

そんなに古くはなかったのですね。

きむきむのうーろん日記_宝来泉6

煙突も見えました。

きむきむのうーろん日記_宝来泉7

そういえば、最初に入った入口の通路が
コインランドリーになっていました。

ちょっと自分にはしっくりこなかったのですが、
お好きな方はどうぞ、といった感じです。

<宝来泉データ>
 目黒20番
 目黒区原町2丁目7−5

 15時半〜24時
 月曜定休、但し第2月火曜連休



 きむきむのうーろん日記_ブログランキングバナー  ← ぜひ投票してくださいぴかぴか

| 東京銭湯・目黒区 | 21:48 | comments(1) | trackbacks(0) | -
松の湯(品川3番)
JUGEMテーマ:お風呂
 
きむきむのうーろん日記_ブログランキングバナー  ← ぜひ投票してくださいぴかぴか

本日は品川区の品川3番・松の湯さんに行ってきました。

東急目黒線・不動前駅のおしゃれな街並みを
南に徒歩で約7分のところ、桐ケ谷斎場の近くに松の湯さんはあります。

きむきむのうーろん日記_松の湯1

立派な破風の屋根に、期待が高まります。

きむきむのうーろん日記_松の湯2

堂々たる門構で、「これぞ銭湯!」といった感じです。

カウンタでお金を払うと、
広く天井が高い脱衣場が目の前に広がります。
小さい庭もあって、正統派の古き良き銭湯の雰囲気満開です。
「今日は暑いなぁ、ちくしょー」とか言ってるおじさんも、
分かりやすいくらいグーです!

浴槽は3種類あり、どれも下でつながっているようです。
洗い場は26面、壁画は松島風でした。

洗面器は木でできていて、「コーン」と音が響いて気持ち良いです。
浴室と脱衣場とがガラス張りになっているので、
広々とした解放感が味わえます。
(明神湯もそんな感じでした。)

そして、なによりも古くて味があるのに清潔です!
これ以上のサービスはないと思います。

風呂上がりは脱衣場にある自動販売機で
瓶入りの「クロレラ」をグビリ!
「フルーツ牛乳」も捨てがたかったなぁ。

都心の繁華街、目黒と五反田のすぐ近くに
こんな素晴らしい銭湯があるなんて、ちょっと感激です。

きむきむのうーろん日記_松の湯3

また来たいと思わせる銭湯でした。

<松の湯データ>
 品川3番

 品川区西五反田6丁目18−3
 15時45分〜24時(日曜は15〜24時)
 月曜定休



きむきむのうーろん日記_ブログランキングバナー  ← ぜひ投票してくださいぴかぴか

| 東京銭湯・品川区 | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) | -
梅の湯(千代田2番)
JUGEMテーマ:お風呂

きむきむのうーろん日記_ブログランキングバナー  ← ぜひ投票してくださいぴかぴか

本日は東京都心の千代田2番・梅の湯さんに
お邪魔しました。

場所は古書街で有名な神保町の駅からすぐ、
千代田区神保町出張所の近くです。
入口は細い路地にあって、すぐには見つけられなかったです。

きむきむのうーろん日記_梅の湯1

きむきむのうーろん日記_梅の湯2

料金はフロントで支払う方式で、そこから男女の脱衣場に
別れて向かう方式です。

投薬したのは夕方5時過ぎで、
先客は6〜7名いらっしゃいました。

洗い場は15面で、浴室は狭いほうです。
浴槽は中くらいで、仕切りをすることなく
「ハイパージェット」
「ボディジェット」
「電気風呂」
ゾーンがあります。
湯は中くらいで、壁画はナシでした。

情緒云々ではなく、きわめて機能的な感じがしました。
都心のビル銭湯ですので、こんな感じなのでしょう。

ちなみにここは皇居から近く、
ランナーの方の利用も多いようです。
入口や脱衣場には
「シューズは持ち込まず、下足箱に入れてください」
といった内容の張り紙がしてありました。

そして外には、こんな旗が。

きむきむのうーろん日記_梅の湯3

皇居周辺を走って銭湯で汗を流す、
健康的でいいですね。

機能的なお風呂ということで、本日はフロあがりの
ドリンクも省略して、足早に家路を急ぎました。

広い道に出てみると、梅の湯さんのビルの別の入口がありました。

きむきむのうーろん日記_梅の湯4

こちらは高級そうなマンションで、
ちょうどお風呂を利用された方が入っていくのが見えました。
なかなか面白い都心ライフだと思いますよ。

<梅の湯データ>
 千代田2番
 東京都千代田区神田神保町2丁目8−2
 15〜25時(祝日は15〜23時)
 日曜定休



きむきむのうーろん日記_ブログランキングバナー  ← ぜひ投票してくださいぴかぴか

銭湯 (NHK美の壺)
銭湯 (NHK美の壺)

ザ・東京銭湯
ザ・東京銭湯
町田 忍
| 東京銭湯・千代田区 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
八幡浴場(大田45番)
JUGEMテーマ:お風呂

きむきむのうーろん日記_ブログランキングバナー  ← ぜひ投票してくださいぴかぴか

今日は暑い一日でした。
こんな日はひとっぷろ浴びようということで、
八幡浴場さん(大田45番)に行ってきました。

大岡山駅から歩いて約5分、
千束特別出張所へ行く道から一本入ったところに
八幡浴場さんはあります。

きむきむのうーろん日記_八幡浴場1

きむきむのうーろん日記_八幡浴場2

入口は新しくてきれいです。
2006年にリニューアルされたそうです。

きむきむのうーろん日記_八幡浴場3

料金はフロントで支払う方式になっており、
そこから暖簾をくぐって男湯・女湯に向かいます。

本日夕方5時に到着したとき、浴室には5名以上の先客が
いらっしゃいました。
洗い場は19面で、壁画は南国のサンセット、
浴槽は「淡水」の薬湯と、「軟水」のジャグジー3種に
分かれていました。
ちなみに本日は「ヒアルロン酸」湯で、
日替わりの薬湯が毎日楽しめるそうです。
お湯はぬるめで、わたし好みでした。

リニューアルされた浴室は
青いタイルを主体とした落ち着いた雰囲気で、
浴槽で足をのばして上を見ると、
風情ある昔ながらの銭湯の天井が
そのまま残されていることに気づきます。

風呂からあがり、ロビーでテレビをみながら
コーヒー牛乳を一杯。
これぞ、至福のひとときです。

思わず長居をしたせいか、外に出た頃には
気持のいい風が大岡山の街に吹いていました。


<八幡浴場データ>
 大田45番
 東京都大田区南千束3丁目1−13
 16〜25時
 金曜定休(第5金曜および祭日の場合は営業)



きむきむのうーろん日記_ブログランキングバナー  ← ぜひ投票してくださいぴかぴか

東京銭湯 [DVD]
東京銭湯 [DVD]
| 東京銭湯・大田区 | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) | -
つばめ湯(世田谷48番)
JUGEMテーマ:お風呂

きむきむのうーろん日記_ブログランキングバナー  ← ぜひ投票してくださいぴかぴか

ここ数日の汗ばむ陽気おてんきから一転、
東京地方はくもりくもりで、風が涼しく感じられる一日となりました。
こんな日は広い湯船にゆっくり浸かって
温まるのがイチバンということで、
つばめ湯さん(世田谷48番)に行ってきました。

最寄駅は奥沢駅なのですが、本日は大岡山駅から歩いて向かいました。
途中で煙突が見え、目的地ももうすぐと思ったのですが、
道に迷ってしまい、奥沢中学校のあたりを
ウロウロしてしまいました。

きむきむのうーろん日記_つばめ湯1

奥沢といえば高級住宅街のイメージでしたが、
実際歩いてみると、意外と庶民的な部分も残っていて、
なにか懐かしさすら感じさせる光景もいくつかありました。

そうこうしているうちに、つばめ湯さんの看板を発見!
ここは一度通ったはずなのですが
思ったより大きな看板だったので、
逆に気づくことができなかったのかもしれません。

きむきむのうーろん日記_つばめ湯2

入口は、少し奥行きのあるところにありました。
駐車スペースがあるようです。

きむきむのうーろん日記_つばめ湯3

近づくと、タヌキの置物がお待ちかねでした。

きむきむのうーろん日記_つばめ湯4

「つばめ湯」のロゴがコミカルでよいです。

料金(450円)はロビーで支払う仕組みになっていました。
ロビーにはゆったりとした休憩所があり、なかなかいい雰囲気です。
また、大将の愛想がよいのが、
なによりのおもてなしだと思います。

お風呂は「高温」「中温」「低温」の3種類。

高温」は電気風呂となっていました。
一方、「低温」の浴槽には、

「自由に水を埋めてください」

の表示がありました。
洗い場は計25面で、一部シャワーが付いていない面もありました。
サウナは100円増しで入れるようです。

私が来たのは午後4時半頃でしたが、
既に浴室には5名程度の先客がいらっしゃいました。
その後もお客さんは絶えることがなく、
けっこう繁盛しているように見えました。

ここの設備は決して新しくはなく、
かといって風情があるほど古くもないのですが、
懐かしさと独特の親近感があって、
個人的には好きな雰囲気です。
なんとも表現しにくいのですが、しいて言えば、
私が小さい頃に見た、広島県の呉市の雰囲気でしょうか。
分かりにくいですねぇ。。。

汗を流して脱衣場から出ようとすると、
お相撲さんの手形パーと思われる、
ガクブチに入れられた一枚の古い色紙が目に入りました。
カウンタの大将に訊くと、
「鏡里じゃないかなぁ。昔のものだから、あまりはっきりしないんだけど。」
とのことでした。
「あぁ、そうですか。」
「知ってるの?」
「あのおなかが大きい…」
「そうそう。」
とやりとりをしながら、ビン牛乳を買ってゴクリ。
(帰りの電車の中で気付いたのですが、
私は鏡里関と照國関とを間違えていました。
でも、おなかが大きいのは同じだから、まぁいいかと。)

帰りもタヌキの置物が見送ってくれました。

つばめ湯さん、個人的に好きな雰囲気の銭湯でした。
また来ますっ!


(09.05.26追記)
屋号の左上に

「コミカ風呂」

と書かれていること(4番目の写真)に関して
あまり気を留めていなかったのですが、
この「コミカ風呂」はどうやら全国に存在するようです。
この「コミカ風呂」が何を意味するのか、
機会がありましたらリサーチするつもりです。


<つばめ湯データ>
 世田谷48番
 東京都世田谷区奥沢1丁目40−14
 15時半〜24時(平日)/15時〜24時(日・祝日)
 木曜定休




(補足データ)
・鏡里喜代治(1923.4.30〜2004.2.29)
 昭和20年代から30年代前半まで活躍した力士。
 青森県三戸郡三戸町出身。最高位は横綱(第42代)。
 堂々とした太鼓腹が特徴で人気があった。
 引退後の一時期、一門の総帥「時津風」を襲名したが、
 その後は年寄「立田川」として部屋の運営を長く行った。
・照國万蔵(1919.1.10〜1977.3.20)
 昭和10年代から20年代後半まで活躍した力士。
 秋田県雄勝郡雄勝町出身。最高位は横綱(第38代)。
 白いもち肌の持ち主で、
 太鼓腹の巨体から繰り出されるリズミカルな取り口は
 「桜色の音楽」とも称された。
 引退後は年寄「伊勢ヶ濱」として部屋の運営を行ったほか、
 協会の理事まで務めた。

きむきむのうーろん日記_ブログランキングバナー  ← ぜひ投票してくださいぴかぴか

BBM 2009 大相撲カード
BBM 2009 大相撲カード

大相撲大全集~昭和の名力士~ [DVD]
大相撲大全集~昭和の名力士~ [DVD]
| 東京銭湯・世田谷区 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
みどり湯(目黒12番)
JUGEMテーマ:お風呂

きむきむのうーろん日記_ブログランキングバナー  ← ぜひ投票してくださいぴかぴか

東京地方はここ数日雨続きでしたが、
本日は25度ちかくまで気温が上昇しポカポカの一日でした。
その陽気に誘われ、みどり湯さん(目黒12番)に
行ってきました。

東急大井町線緑が丘駅から歩いて約15分、
スーパー文化堂がある車通りの多い道から一本入ったところに
みどり湯さんはあります。

きむきむのうーろん日記_みどり湯1

正面から見ると、ど〜んと屋号が目に入り、
「よ〜し、お風呂に入るぞ〜!」
という気持ちにさせてくれます。

きむきむのうーろん日記_みどり湯2

靴を脱いで入ると、きれいで広く清潔な休憩場に
ロビー式の番台があります。
ここでお金(450円)を支払って、
男女の脱衣場に分かれる仕組みになっています。

さっそく脱衣場に入ろうとすると、おかみさんが、
ロッカーは100円を入れて戻ってくるタイプと
入れなくてよいタイプの両方があることを教えてくれました。
じつは、お金を入れるタイプのロッカーがある銭湯は
ここが初めてです。
こういうタイプの銭湯が最近は多いのでしょうか。
要研究です。
ちなみに私は、お金を入れるタイプを使用しました。
帰り際にお金を回収するのを忘れないように
気をつけねば…。

きれいな脱衣場を抜けて扉を開けると、
これまた広くて明るく清潔な浴場が
目に飛び込んできました。

夕方4時45分頃で、お客さんは5人くらいでした。
洗い場は17面ありましたので、
十分ゆったり体を洗うことができました。
中には、サウナ(200円)を利用されている
方もいらっしゃいました。

湯船は3槽あって、
普通の浴槽と超音波ジェット座風呂と水風呂でした。
どの浴槽も広くて、とても心地よかったです。
湯温は42度を指しており、私にとっての適温でした。
そして、竹林の壁画の緑が鮮やかで、
癒しの効果を倍増させていました。
ところどころ顔を出しているタケノコが微笑ましかったです。

すっかり気分が良くなって、服を着て100円を回収し
帰り支度をしていると、
コーヒー牛乳 100円
の文字が。そして、手には100円玉。
そりゃ、飲まんわけにはいかんでしょう!

ロビーでテレビを観ながら湯あがりのコーヒー牛乳。
う〜ん、極楽極楽。

思うに、みどり湯さんは設備が比較的新しいんだけど、
古きよき銭湯の情緒と雰囲気はしっかり残っている、
そんな銭湯なのでしょう。

外はまだ明るく、夕方の涼しい風が吹いていました。

きむきむのうーろん日記_みどり湯3

横にはお約束のコインランドリーがありました。

そして、反対側の路地をのぞいてみると、
みどり湯さんの煙突が、青く澄んだ空にそびえていました。

きむきむのうーろん日記_みどり湯4

(09.05.14追記)
当日は東急大井町線・緑が丘駅から向かいましたが、
東急東横線・自由が丘駅が最寄駅で、
駅から徒歩5分で着くそうです。


<みどり湯データ>
 目黒12番
 東京都目黒区緑が丘2丁目7−14
 14時半〜24時
 無休




きむきむのうーろん日記_ブログランキングバナー  ← ぜひ投票してくださいぴかぴか


銭湯の娘!?DVDBOX
銭湯の娘!?DVDBOX
| 東京銭湯・目黒区 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | -
明神湯(大田50番)
きむきむのうーろん日記_ブログランキングバナー  ← ぜひ投票してくださいぴかぴか

今日もいい天気ですね。

ゴールデンウィーク最高!というわけで、
本命中の本命、明神湯(大田50番)さんに行ってきました。

私の大好きな石川台希望ヶ丘商店街を抜けて
呑川沿いを歩くと、堂々とした破風造りの構えが見えてきます。

きむきむのうーろん日記_明神湯1

本日到着したのは、夕方5時くらいでしょうか。

暖簾をくぐって下足場の扉を抜けると、
昔ながらの番台があって、そこでお金(450円)を
渡す仕組みになっています。

脱衣場には、壁沿いの他に島式の低いロッカーがあるタイプです。
脱衣場と浴室の仕切りはガラス張りになっており、
天井も高いせいか、全体的に広々とした
開放的な雰囲気があります。
そして、窓と庭から差し込む光がとても気持ち良かったです。

服を脱いで先に進むと、明るくて清潔な浴室があります。
外観からもわかるように、ここは古い銭湯なのですが、
一つ一つの設備がとても清潔に保たれていることがわかります。

ちなみに、洗い場は31面ありました。
サウナ設備はありません。
湯船は、薬湯、気泡湯、マッサージ湯の三種です。
本日薬湯は、ラベンダーの湯でした。
また、湯温は薬湯を除き、少し熱めに感じました。
薬湯は、少しぬるめでしょうか。
このぬるめの薬湯に浸かって富士山の壁画を見ながら
ゆっくり温まると、気分はもう極楽です。

浴室から出て脱衣場に戻ると、
夕方の丁度良い風が吹き抜けていました。

ここにいると、時間が優しくゆっくりと流れているような
気さえしてきます。
こうした雰囲気が、明神湯さんとともに
ずっと残ってくれるといいなぁと思います。

帰り道に振り返って、また違う角度から見る
明神湯さんもいいですね。

きむきむのうーろん日記_明神湯2

見過ごしそうになりましたが、コインランドリーが
別の建物として併設されています。

きむきむのうーろん日記_明神湯3

ここは、「また来たい」と
心の底から言える銭湯の一つだと思います。


<明神湯データ>
 大田50番
 東京都大田区南雪谷5丁目14−7
 16時〜23時半
 5、15、25日休
 (祝日は翌日休)




きむきむのうーろん日記_ブログランキングバナー  ← ぜひ投票してくださいぴかぴか

JUGEMテーマ:お風呂


| 東京銭湯・大田区 | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) | -
大岡山浴場(目黒14番)
きむきむのうーろん日記_ブログランキングバナー  ← ぜひ投票してくださいぴかぴか

今日もお出かけ日和のよい天気に誘われ、
また銭湯に行ってきました。

今回お邪魔したのは、目黒14番・大岡山浴場さんです。

きむきむのうーろん日記_大岡山浴場1

大岡山駅から歩いて1〜2分の駅チカ銭湯です。

きむきむのうーろん日記_大岡山浴場2

入口を入るとすぐにカウンタがあって、
そこから男女の脱衣場に分かれる仕組みになっています。
銭湯にありがちな、脱衣場の外の大きな休憩室はなく、
全体的にコンパクトなつくりの印象です。

ここは、普通の銭湯と健康ランドの中間のようなコンセプトで、
森林浴の湯、泡風呂が2種、電気風呂の計4種が
楽しめます。
そして、洗い場の数は15面…だったような気がします。
(忘れてしまいました!)
浴槽ひとつひとつも、コンパクトにつくられている印象です。

湯温は、、、私にとって丁度よかったので、
ぬるめなんでしょう。
確かにおじさんの一人が「ぬるい!」と言っていました。

今日お邪魔したのは夕方5時近くで
いい時間だったせいか、
浴室内には5〜6名のお客さんがいらっしゃいました。
中には、大学生らしき人も混じっていました。
近くの東工大の学生さんでしょうか。

銭湯独特の広々とした解放感は味わえませんが、
手軽に楽しめる健康施設として最適だと思います。

皆さんも足を運ばれてみてはいかがでしょうか。


<大岡山浴場データ>
 目黒14番
 東京都目黒区大岡山2丁目2−14
 15時〜24時
 第3水曜日定休



きむきむのうーろん日記_ブログランキングバナー  ← ぜひ投票してくださいぴかぴか


JUGEMテーマ:お風呂


| 東京銭湯・目黒区 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -
| 1/2PAGES | >>